那須自動車学校
Oddly Enough

免許合宿のこぼれ話

  1. HOME>
  2. 合宿免許のこぼれ話>
  3. 口コミや評判
口コミについて

口コミや評判のチェックポイント

免許合宿を選ぶ基準のベスト3は1位料金が安いか、2位自宅から近いか、3位評判がいいか、と言われています。
料金や教習所の場所については教習所のホームページをチェックすればすぐ判りますが、口コミサイトの評判には一長一短があるので、全てが正しいとは言いきれません。
しかし、ネットの評判でも「ここだけはチェックしろ!」というポイントがあります。

公認校か非公認校か?

これは評判というより、知らないで入校してしまうと後で大変なのでお知らせいたします。
公認校と非公認校の大きな違いは、①試験の手続きを自分でするか、しないか、②技能試験が免除になるか、ならないかという事です。
公認校は修了検定試験や仮免学科試験、卒業検定試験は教習所で行いますので、余分な手間や手続きに時間がかかりません。
一方、非公認校はそれらの試験を受験する上で、自らが運転免許試験場に出向き、手続きを行う必要があります。運転免許試験場で修了検定と学科試験合格後は教習所に戻り、路上教習を受けて技能を磨き、再度運転免許試験場で卒業検定を受けなければなりません。
また非公認校は卒業証明書の発行が出来ず、運転免許試験場で技能試験を受ける必要があります。
運転試験場の技能試験の合格率は低く、一発で合格する方は非常に稀です。
しかし公認校は卒業すれば、試験場での技能試験は免除になり、学科試験に合格するだけで運転免許証を手に入れる事ができます。※視力等の適性試験はあります。
非公認校は料金が安いというメリットもありますが、手間や時間、技能試験の免除の事を天秤にかけると、公認校を選んだ方がお得かもしれません。

食事について

免許合宿は普通車は約2週間、大型免許は約10日間、普通二輪なら9日間といずれも教習所に長期滞在することになりますので、毎日の食事は気になるところだと思います。
食事内容はもちろん教習所によってバラバラです。昼、夜だけ弁当なのか、カップラーメンが出るのか、バイキング形式なのか、揚げ物が多いのか、サラダはあるのか等。
基本、食事代は合宿の基本料金に含まれているので、食費はかかりませんが、毎日同じ物しかでなくて飽きてしまい、結局は自費でコンビニで買って食べたというパターンも考えられます。
そうならないためにも、食事にこだわっている合宿校を選ぶ事をおすすめします。
ついでに言うと、食堂やレストランが教習所敷地内にある方がいいです。雨等が降っても移動が楽です。

部屋の設備や場所について

宿泊施設も教習所によって色々です。
シングルルームでも教習所と提携している外部のホテルなのか、教習所のマンションなのかによって設備や備品が違います。
口コミサイトでも◯◯が無かった、なんて良く書かれています。特に収納スペースの広さ、シャンプー、リンス、ボディーソープがあるか、バスタオルがあるかはよく確認した方がいいです。
シングルルームと言ってもあくまでも教習所で寝泊まりする部屋なので、豪華ホテルのように備品が全て揃っている事はありません。
他、女性なら清潔感や清掃が行き届いているかも、教習所を選ぶポイントになるでしょう。

どんな人と一緒になるかがポイント

基本部屋割りは学生は学生同士、年配者は年配者同士など、年代を上手く調整して行いますが、2月、3月、8月等の混雑時期は沢山の合宿生が出たり入ったりするので、きっちり部屋割りが出来ない場合があります。
色々な人が出たり入ったりするのは嫌という人は、教習所に部屋割りについて聞いてみる必要があるかもしれません。
他の合宿生と性格が合わず毎日辛い思いをしたという事がないように、部屋についてはしっかりリサーチしましょう。

宿泊施設の場所も重要

シングルやツインルーム、ホテル等は教習所の外にある場合が多いです。送迎バスであまりにも遠い立地だと移動が非常に面倒です。
また送迎バスの本数も少ないと宿泊施設に戻れず、長い時間教習所内で過ごす事になります。
免許合宿の貴重な空き時間を有効活用するためにも宿泊施設は近い所がベスト言えます。
「部屋に戻れず何もやる事無い」なんて書かれている場合は要注意です。

指導員について

よく口コミサイトで「あの先生が優しかった」「試験が簡単だった」と書かれている事がありますが、主観的な感想が多くそれだけを見て、良い教習所という判断をすると失敗します。
もし教習中、お客様が危ない運転をした場合は、ある程度きつく指導する場合もあります。
もちろん、怒った後のフォローは大切ですが、優しいだけの教習では安全な思いやりのある運転技能を身につける事はできません。
ですので指導員について良い、悪いとネットで書かれている事を鵜呑みにするのではなく、実際にその教習所の免許合宿を卒業された友人や先輩などから生の声を聞いて全体的に判断するといいと思います。
また良い情報だらけの口コミサイトは広告宣伝の場合も考えられるので、その情報がどれくらい信憑性があるのかか疑問もあります。
ですので、「しっかり技能が身に付いた」「厳しかったけど思いやりの心を学んだ」「丁寧に判りやすく教えてくれた」「ポイントを押さえた指導だった」等の口コミがある教習所は、安全運転を第一に考えた教習を実践していると言えます。
車は一歩間違えれば凶器になる怖い乗り物ですので、教習の中で思いやりのある運転と心を学ぶ事も大切です。

口コミサイトから考える

口コミサイトでも良い事がかかれている教習所にはそれなりの理由があります。
例えば「楽しく免許が取れた」という評価多ければ、指導員たちが若くて面白い人が多いとか。また「施設がキレイだった」という事なら、清掃が行き届いて衛生管理がしっかりしていると想定できます。
口コミは主観的な内容が多いですが、その内容の裏にある投稿者の心理を考えるとより参考になると思います。
併せて教習所のホームページもチェックして間違いのない免許合宿選びをしたいものです。

お問い合わせ先

合宿免許のお問合せは直営【那須高原合宿予約センター】

オンライン予約 資料請求 空き確認 電話をかける
TOPへ