Instruction Cars

教習車種

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 補助金を利用

補助金を利用して取得

「トラックの運ちゃんになりたい、転職したい」と思っても、値段が高くて大型免許を諦めていませか?
普通に取れば結構高くつきますが、教育訓練給付制度という補助金を利用すれば、費用を抑えて免許取得が可能です。
しかも合宿免許なら最短10泊という短気間で卒業できます。(中型8t限定MT免許所持)

■教育訓練給付制度とは

雇用の安定と再就職の促進を図る事を目的とした雇用保険の給付制度で、教習所が厚生労働省に申請した教育訓練経費の20%(最大10万円まで)が支給されます。
まさにこの制度は物流業界に転職したい方、就職したい方にピッタリの制度ではないでしょうか。

■どれぐらいの費用と日数で大型免許が取れるのか?

申請の教育訓練経費は所持免許により変わり、それに伴い給付予定額も所持免許により異なります。
当校で取り扱っている大型免許の給付制度コースは9つで大型単車種で取る場合や複数の車種をセットにして取るコースもあります。

教育訓練経費+別途費用-給付予定額=受給後の自己負担額になります

■大型免許を含むコース

Pコース

取得免許 大型免許
所持免許 中型8t限定MT免許
教育訓練経費 182,289円(税込196,872円)

※上記料金から20%助成されます。

別途費用 26,720円
最短日数 11日

Qコース

取得免許 大型免許
所持免許 準中型MT5t限定免許
教育訓練経費 223,289円(税込241,152円)

※上記料金から20%助成されます。

別途費用 26,720円
最短日数 13日

Fコース

取得免許 大型免許+大型特殊免許+牽引免許+フォークリフト講習
所持免許 中型8t限定MT免許
教育訓練経費 297,956円(税込321,792円)

※上記料金から20%助成されます。

別途費用 52,742円
最短日数 18日

Gコース

取得免許 大型免許+大型特殊免許+牽引免許+車両系建設機械講習(整地・掘り削り)
所持免許 中型8t限定MT免許
教育訓練経費 316,196円(税込341,492円)

※上記料金から20%助成されます。

別途費用 52,742円
最短日数 18日

H コース

取得免許 大型免許+牽引免許+フォークリフト講習
所持免許 中型8t限定MT免許
教育訓練経費 284,863円(税込307,652円)

※上記料金から20%助成されます。

別途費用 40,341円
最短日数 18日

Jコース

取得免許 大型免許+大型特殊免許+フォークリフト講習+車両系建設機械講習(整地・掘り削り)
所持免許 中型8t限定MT免許
教育訓練経費 266,863円(税込288,212円)

※上記料金から20%助成されます。

別途費用 40,341円
最短日数 16日

Kコース

取得免許 大型免許+大型特殊免許+移動式クレーン免許+玉掛け講習
所持免許 中型8t限定MT免許
教育訓練経費 334,826円(税込361,612円)

※上記料金から20%助成されます。

別途費用 40,341円
最短日数 21日

L コース

取得免許 大型免許+大型特殊免許+牽引免許+フォークリフト講習+車両系建設機械講習+玉掛け講習+小型移動式クレーン講習
所持免許 中型8t限定MT免許
教育訓練経費 391,382円(税込422,692円)

※上記料金から20%助成されます。

別途費用 52,740円
最短日数 18日

Tコース

取得免許 大型免許+大型特殊免許
所持免許 準中型MT5t限定免許
教育訓練経費 256,289円(税込276,792円)

※上記料金から20%助成されます。

別途費用 39,841円
最短日数 14日
  • 別途費用は検定料、仮免申請交付手数料、保険料、写真代で教育訓練経費に該当しません。
  • 準中型MT5t限定免許とは平成29年3月12日以前に取得した普通免許MTになります。

他にも大型二種免許や牽引免許、解体用車両系建設機械講習など全29コースの給付制度が利用できます。 講座一覧

■給付制度の利用条件

給付制度は誰でも利用できる制度ではありません。
初めて利用する方は雇用保険の被保険者期間が通算1年以上の場合、また仕事を辞めた方も1年以内なら対象です。
妊娠、出産、育児等の理由で受講できない方は延長期間もあります。
また給付金の支給を受けるには教育訓練を修了し、ハローワークに申請しなければなりません。 給付金支給の対象者及び申請の手続きの詳細

■免許合宿の予約方法

お電話で給付制度を利用したいとお伝え下さい。
希望のコースや所持免許、必要な書類、制度利用する上での条件等をお話させていただきます。
当校の場合は支給要件回答書が手元にないとご予約できませんので、あらかじめハローワークで準備をお願いします。
またご予約時には所持免許や運転経歴についても伺いますので、手元に運転免許証をご用意下さい。

■免許合宿のメリット

教育訓練給付制度は免許合宿でも利用可能です。
免許合宿の一番のメリットは「最短で取得可能」という事です。
社会人の方が通いで大型免許を取得する場合は、早い人でも約2週間、遅いと1ヶ月以上はかかるのではないでしょうか。
会社帰りに毎日教習を受けても精々1時限です。土曜、日曜日に頑張って乗車予約しても、教習所の混雑時はいつ乗車できるかわからず、待ち時間のロスが出てしまいます。
離職して、すぐにでも免許が必要という方の場合は通学免許では時間がかかり過ぎてしまうと思います。
しかし、大型免許合宿のスケジュールは毎日2時限(2段階は3時限)乗車でき、タイトに組んでいるため無駄な時間がありません。
毎日乗車できるため前回の技能教習で学んだ内容や運転感覚を次の教習にすぐに活かせます。このような連続教習で着実に運転技術がアップでき、結果的に最短取得が可能になります。
また当校の場合は毎日3食を校内レストランでバイキング形式で摂ることができるため、食費がかかる心配はありません。
部屋タイプは相部屋、シングルルームを選ぶ事ができ、宿泊施設はコースと校舎に隣接しているため移動も楽で毎時間の教習もスムーズに行えます。
このように時間がなく、すぐにでも大型免許が欲しいという方は免許合宿プランがベストと言えます。

■給付制度利用の一番注意する点

一番の注意点は技能の乗越し、検定試験不合格の場合はその都度、追加費用がかかるという事です。
ストレートで卒業した場合は、教育訓練経費(受講料)の20%が支給されるため、非常にお安く免許取得できますが、乗越し等があると、結果的に高くなってしまう可能性があります。
技能教習の進み具合は個人差があるため、誰でも乗越しや検定で失敗しないという保証はありませので、給付制度の利用はよく考えてからお申し込み下さい。
※教習途中で教育訓練給付制度から別のコースに変更することは出来ません。
通常の免許合宿プランは、卒業まで保証された安心コースがあるので、不安な方は通常プランをお申し込み下さい。
また交通費の支給もありません。
費用が安いからといって遠くの教習所に申し込んでも、電車代やガソリン代もかかるので気をつけましょう。

お問い合わせ先

合宿免許のお問合せは直営【那須高原合宿予約センター】

  • オンライン予約申込
  • 資料請求
  • 空き確認
  • 電話をかける