Corporate Training

企業講習

  1. >
  2. >
  3. 運行管理者とは

運行管理者とは

事業向けの自動車(トラック、バス、タクシー)の安全管理を行う司令塔です。

具体的には事業用の運転者の勤務時間や乗務時間の管理、乗務割の作成、休憩や睡眠、乗務前や後の点呼、疲労や健康状態の把握など労務管理全般を行います。
運送業者は一定数の事業用自動車を有している事業所には、運行管理者を専任する必要があります。

■運行管理者になるためには?

1.運行管理者試験(国家資格)に合格する
2.事業用運行管理者の運行管理に関し5年以上の実務経験があり、その間に運行管理の講習を5回以上受けていること
またその5回の内、少なくとも1回は基礎講習を受けていること

[受験資格]

以下のいずれかに該当する必要があります。
1.事業用自動車の運行の管理に関し1年以上の実務経験がある方
2.実務に変わる講習として、自動車事故対策機構が行う「基礎講習」を修了した方

[試験実施日]

例年8月、3月の年2回実施しています。

[試験内容]

貨物、旅客の2種類があります。

  • 貨物自動車は貨物自動車運送事業法、旅客自動車は道路運送法
  • 道路運送車両法
  • 道路交通法
  • 労働基準法
  • 運行管理者の業務に関し必要な実務上の知識及び能力

[受験手数料]

手数料 6,000円

他、ネット申請や採点結果通知希望の方は別途費用がかかります。
詳細は運行管理者試験センターのホームページからご確認下さい。 

お問い合わせ先

通学教習のお問合せは【那須自動車学校】

  • オンライン予約申込
  • 資料請求
  • 空き確認
  • 電話をかける